MiddleField

menu

NEWS

日本最大級の自動車アフターパーツEC「モタガレ」海外からの通販購入対応開始!!

MiddleField株式会社(本社:東京都世田谷区/代表取締役社長:中山翔太)は、9月25日(火)より自社にて運営している自動車アフターパーツECサイト「モタガレ」において、海外からの通信販売購入希望者への対応を開始した事をお知らせします。

 

モタガレとは日本最大級の自動車アフターパーツECサイトとして全国契約メーカー数約1000件、約100,000点の商品を取り扱っているサービスです。

今回、海外からの購入に応えるスキーム(図1)を構築したことにより国内自動車アフターパーツメーカーの商品が海外から購入される機会の拡大が期待されます。

対応エリアは先駆けて海外120か国、今後は全世界からの購入対応が可能になるべくサービスを拡大させていきます。

さらに2018年中には「全国契約メーカー数1200件、販売取扱い商品数約300,000点」到達を目指し、より一層モタガレ内提供サービスの充実を図っていきます。

 

以下弊社代表中山からのコメントです。

日本のアフターパーツは海外でも高い人気を誇ります。その人気を支えるのが圧倒的な技術力であり、その技術力が 信頼の「日本ブランド」として広く認知されています。弊社MiddleFieldは国内最大級のアフターパーツ通販サイト「モタ ガレ」を通して多くのパーツメーカー様とビジネスを進めて行く中で、日々技術力の高さを実感しております。 しかし一方で、海外への対応には言語の違い、配送の問題、決済の問題など乗り越えるためにはいくつものハードルが あり、本格的な海外対応をしているパーツメーカー様は多くありません。 そこで、私たちがパーツメーカー様達が抱える問題を解決できればアフタパーツ業界の更なる発展につながるのではな いかと考えました。 そして、そのハードルを簡単に乗り越えることができるサービスを「モタガレ」が実現しました。 今はインターネットの力で世界とつながることができます。我々はIT企業としてITを活用することで日本のアフターパーツ の素晴らしさを世界中に拡げたいという想いを「モタガレ」で実現します。 MiddleFieldは今後も自動車アフターパーツメーカーとコンシューマーとを繋ぐ「中間地点」として様々な課題にお応え できるWEBサービスをご提供して参ります。