MiddleField

menu
Avatar

松田昇子

MEMBERS BLOG

メディアに取り上げられるには?1か月で学んだことをまとめてみます!

 

広報チームの松田です!

 

今回は、メディアに取り上げられるには?というのを色々な記者さんや編集者さんに聞いてみたので、それをまとめてみようと思います!

 

・とにかく新しい情報をどこよりも早く提供されること

ビッグリリースになればなるほど、ニュースはたくさんの媒体で配信されるため、自社の情報解禁前にコミュニケーションをとっておくと取り上げやすいみたいです。大企業だけでなく、ベンチャー企業なども同様で、まだ出ていない情報に価値があるとのこと。

 

・新しくて驚きのあるもの

新サービスや革新的な発明、有名人材の採用など、世間や業界内で話題を生むことが出来るニュースは価値が高いそうです。
とくに、SNSでシェアされそうなネタは採用される確率が高いとのこと。

 

・コンテンツとして面白く編集できそうなもの

インタビュー記事やまとめ記事など。時事ネタに関連する調査系の内容や、大型リリース後のインタビューは情報価値が高いため、連絡してほしいとのこと。とくに、プレスリリース+α等の提案が出来るといいのかもしれませんね!

 

・特集にマッチする人やサービス

月刊紙などは年間でスケジュールが決まっているので、その特集時に会社が認知されていると取り上げる対象になるとのこと。
また、時事ネタやなども同様で、とにかく担当記者さんや編集者さんに会社やサービスを覚えてもらう&印象に残っておくことが意外と大事かもといういうご意見もありました!

 

弊社でもMotorz(モーターズ)というメディアを運用しており、取材依頼はとても多く来ています。
その中でも、取り上げられるのはほんの少しだなぁ、魅力的な取材依頼って少ないよなぁと、改めて思いました。

 

今回、様々な方にお話を聞きましたが、特に印象に残っているのは、

「記者が”取り上げたい!”と思う情報はとにかく新しくて驚きのあるもの。皆さんが友達にその情報について話したときに、”面白い!初めて聞いた!”と言われたなら、それはニュースとして取り上げる価値があるかもしれない」というお言葉です。

広報の仕事をしていると、つい自分の会社を取り上げてもらうことに必死になりがちですが、記者の目線、さらには読者や視聴者の目線まで考えるのが本当の広報だなと改めて感じました。電話アプローチやメディアの方との打ち合わせの際にも、「見た人が面白いと思うか?」という目線を忘れないように広報活動をしていきます。