MiddleField

menu
松田 昇子

松田 昇子

MEMBERS BLOG

【CTO監修】採用広報担当者がエンジニアの募集要項を読み解けるようになるまで~1日目、エンジニアの職種について学ぶ~

こんにちは!クルマ×ITのスタートアップ、MiddleField広報の松田です!

私は3月から事業広報に加えて採用広報も任されているのですが、なんといっても1番苦労しているのがエンジニアに向けた採用広報。そもそも知識がなさすぎて求人要綱すら読めない…ということで、ひたすらインターネットや本で情報収集を重ねています。

今回は、同じように「採用に関わることになったけど、エンジニアに関する知識が全くなくて困っている」という方の為に、私が学んだことをまとめていきます!

そして、折角やるなら正確かつ濃い内容をアウトプットしたい!ということで、弊社のCTOである杉田に内容を監修してもらうことにしました。

杉田がどんな人か気になる方はコチラ↓

【社員インタビュー】MFの全システムを創り上げた総司令官!CTO杉田ってどんな人?

私のような「開発知識0だけど、エンジニアと採用要件のすり合わせができるようになりたい」「正しくエンジニアの募集要項を書きたい」というような方のお役に立てればと思います!

今回から数回に渡って記事を投稿し、WEBエンジニアの採用要件が理解できるようになることを目指していきたいと思います!

(例)MiddleFieldのエンジニアの採用要綱

無題のプレゼンテーション (5)

今回のテーマは、WEBエンジニアの職種についてです!

・フロントエンドエンジニア
・サーバサイドエンジニア(バックエンドエンジニア)
・インフラエンジニア

皆さんも、エンジニアの募集要項でこんなワードを見たことがある方も多いのではないでしょうか。職種の違いを理解するには、WEBアプリケーションの仕組みを知っておくことが必要不可欠です!

目次

1, WEBアプリケーションとは?

皆さん、そもそもWEBアプリケーションとはどういうものか、ご存知ですか?

「アプリケーション」と聞くと、スマートフォンにダウンロードする「アプリ」を想像する方が多いのではないでしょうか。スマートフォンのゲームアプリのように、特定の端末にダウンロードして利用するものは「ネイティブアプリ」と呼び、WEBアプリケーションとは別物です。

WEBアプリケーションとは、AmazonやGmail、YouTubeなど、「ウェブ上で動くシステム」のことを言います。

例えば、MiddleFieldが作っているECサイト「モタガレ」は、まさにウェブ上で動くソフトウェアです。ユーザーは「モタガレ」上で情報を閲覧したり、商品をカートに入れたり、氏名や住所を入力したり、決済を行ったり、色々なアクションを行うことができます。

つまり「モタガレ」のようなECサイトは、WEBアプリケーションの一種だと言うことができますね。

それではここからは、エンジニアの職種について理解するために、WEBアプリケーションの仕組みについて解説していきます!

2, WEBアプリケーションの仕組み

ここでは、WEBアプリケーションの仕組みの一例を取り上げながら、WEBアプリケーションについての用語を解説していきます!

無題のプレゼンテーション (8)

ユーザーがモタガレTOPページにアクセスすると…

①ブラウザからアプリケーションサーバ(以下Appサーバ)へ、「TOPページを表示して」という指示が送られます(”リクエスト”と言います)
②Appサーバがデータベースサーバ(以下DBサーバ)へ、必要なデータを出してくれるよう指示します
③DBサーバがAppサーバへ、必要なデータを渡します
④Appサーバからブラウザへ、TOPページの表示に必要な情報が戻ります("レスポンス"と言います)

このような流れでページが表示されていきます。

リクエストを送ったり、Appサーバから帰ってきた情報を読み取って、きれいな形で表示させたりするのが「ブラウザ」です。Google ChromeやMicrosoft Edge、Safariなどが代表的なブラウザですね。

反対に、ブラウザからのリクエストを受け取り、必要な情報をブラウザに返す役目を果たしているのが「アプリケーションサーバ」です。

データベースサーバ」には、サービスを運営する中で、会員情報や購入履歴など、大量のデータが蓄積されていきます。

そして、一連のWEBアプリケーションの仕組みが正しく動く為の、”土台”の役割を果たしているのが「インフラ」です。

インフラは、大きく「ハードウェア」と「ソフトウェア」の2種類に分けられます。

ハードウェア・・・実体があるコンピュータ機器のこと。PC、スマートフォン、サーバ等
ソフトウェア・・・実体がない、コンピュータを動かす為のプログラムや命令が記述されたデータのまとまりのこと。OS等

ちなみに募集要項にも出てくる「OS」とは「Operating System」の略で、システム全体を管理して、様々なアプリケーションを動かす為のソフトウェアのことを言います。PCやスマートフォンにWindowsやMacOS、iOSなどのOSが入っているのと同じように、サーバにもWindows Server Standard Edition等のWindows系のOSや、Linux等のUnix系OSが入っています。

それではこの仕組みを踏まえて、エンジニアの職種について整理していきましょう!

3, 職種を読み解いてみよう!

無題のプレゼンテーション (8)

2章でもお見せした、WEBアプリケーションの仕組みです。

この仕組みのうち、ユーザーが直接見たり、操作したりする部分(図でピンク色の部分)を開発しているのが「フロントエンドエンジニア」、ユーザーには直接見えない部分(図の青色の部分)を開発しているのが「サーバサイドエンジニア」です。

そして、この仕組みが動く為の土台を作っているのが「インフラエンジニア」です。

ちなみにインフラエンジニアは、ネットワークのシステム設計やネットワークプログラミング、ネットワークに関わるテスト等を担当するネットワークエンジニアなどの職種に分かれる場合もあります。

フロントエンドからサーバサイド、インフラまで幅広い領域を扱う「フルスタックエンジニア」などの職種が募集される場合もあります。

また、WEBアプリケーションの場合、フロントエンジニアがコーディング(Webデザインをブラウザ上で正しく表示するために、プログラミング言語を使ってソースコードを記述すること)を行う場合が多いです。

コードを書く役割を担う人の事を「コーダー」と呼びます。場合によってはWEBデザイナーが設計やデザインに加えてコーディングを行う場合もあります。組織図上で、デザイナーが開発の部署に入っていることがありますよね。

ここまでの内容をまとめると下記のようになります!

・フロントエンドエンジニア
→WEBアプリケーションにおいて、ユーザーに見える部分の開発を行うエンジニア

・サーバサイド(バックエンド)エンジニア
→WEBアプリケーションにおいて、ユーザーに見えない部分の開発を行うエンジニア

・インフラエンジニア
→ネットワークやサーバそのものなど、WEBアプリケーションを支える仕組みの開発や運用を行うエンジニア

そして、このようなエンジニアの皆さんは、職種ごとに様々な言語やフレームワークを使い、開発を行っています。

そこで次回は、募集要項を読み解くには必須知識となる「プログラミング言語」について解説していきたいと思います!

あとがき

という訳で今回は、エンジニアの採用要綱を読み解く上でのファーストステップとなる「職種」についてまとめてみました。

MiddleFieldでも、今回解説した各職種のエンジニアを大募集しています!

ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください!

<フロントエンドエンジニア>
https://www.wantedly.com/projects/451902

<サーバサイドエンジニア>
https://www.wantedly.com/projects/451890

<インフラエンジニア>
https://www.wantedly.com/projects/451907

この記事や採用に関するお問い合わせはコチラから↓

Twitter:@shoko_m26
Facebook:shoko.matsuda.18

最後までお読みいただきありがとうございました!また次回のブログでお会いしましょうー!

CONTACT

  • お問い合わせ種別

  • お名前

  • メールアドレス

  • お問い合わせ内容