MiddleField

menu
松田 昇子

松田 昇子

MEMBERS BLOG

【社員のリモートデスク公開】リモート経験0のスタートアップがフルリモート勤務に移行してみた

こんにちは!クルマ×ITのスタートアップ、MiddleFieldの松田です!

現在弊社では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、全社員がリモートワークを実施しています(3月より事前申請にてリモートワークを開始していました)。

もともと弊社は対面でのコミュニケーションを重視する為、リモートワークは原則禁止です。弊社と同じように、今回の感染拡大を機にリモートワークに初挑戦している、という企業の方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、いわば”リモート初心者”なMiddleFieldメンバーの、リアルな体験談をお届けすべく、社員にアンケートを実施。

弊社社員のリモートデスクや、実際に行っている工夫なども紹介しますので、同じようにリモートで頑張っている皆さんのヒントになりましたら幸いです!

目次
1, リモートにしてみて良かった点
2, リモートにしてみて困った点
3, 困った点を解消するためにやっていること:会社編
4, 困った点を解消するためにやっていること:個人編
5, おまけ:みんなのリモートデスクを公開

 

1, リモートにしてみて良かった点

1位:感染リスクを下げられる安心感
・感染リスクも下がりますし、感染させる心配もないので非常に満足しています
・出勤が不要なので電車などでの感染リスクを恐れなくて済む
・ 感染リスクの高い都心に行かずに済む

2位:自宅の方が集中できる
・自分の座り慣れた椅子で、さらに個室で仕事できるので集中できます
・オフィスより作業スペースが確保できて快適、一人なので作業に集中できる
・音楽を流しながら落ち着いて作業ができる

3位:時間を有効活用できる
・通勤時間が無くなり、その分ゆっくり起きられる(片道2時間近くかかるので…)
・自分の時間配分で行動ができる
・退勤時間分を自分のやりたいことに使える

番外編
・好きなときにお手洗いに行ける(オフィスはお手洗いの数が少ないので)。
・1日1食で済むから余計な食費がかからない。

やはり「うつす心配もうつされる心配もない」という安心感を上げるメンバーが多かったです。自分なりにデスク周りをカスタマイズして、理想の環境を作りあげているメンバーも多いですね。

2, リモートにしてみて困った点

1位:設備不足
・「完全オフになれる部屋」を作ってしまったが故にデスクが無いのが悩み。腰が痛い。
・自宅のネット回線の調子が悪く、入力したデータが飛びそうになる事があった
・2画面で作業しているが、机の都合上良い位置に置けない。机の高さと椅子の高さが微妙に合わない。

2位:コミュニケーション不足
・単純に寂しい
・会話がない、店員にごちそうさまを言うだけのbotになる
・やはり面と向かって話す方が気持ちが伝わりやすい

番外編
・妻もリモートのため、家の電気代が上がる
・家族がみんな家にいるので、途中で家事が差し込まれる
・大枠で営業職には適しているとは思いません。ただ資料作成等作業に集中するときは有用であると思います。

普段使っているディスプレイやスタンド等を自宅に持ち帰っているメンバーもいますが、やはりネット環境やデスク、椅子などの設備面で不便だと感じるメンバーが多いようです。ほぼ同数で、コミュニケーションに関する不安が上がっています。

3, 困った点を解決するために行っていること:会社編

会社としては、コミュニケーション不足を解消するための試みを行っています。

1, 全体朝会とチーム朝会&締め会を行う
朝は全社員参加のオンライン朝会を行っています。目的としては、とにかく1日を元気よく始めること。当番制で、前日の気づきや学んだこと等をシェアしています。
その後はチームで朝会。その日チームで行う業務やそれぞれの役割の整理のをします。1日の終わりには締め会を行い、業務の進捗状況を報告しています。

大人数のオンラインMTGでは、
・ファシリテーターを作る
・話者以外はマイクを切り、チャットを活用する
などの工夫を行っています。

2, 雑談ができるSlackチャンネル&オンラインルームを作る
リモートの寂しさを少しでも減らせるよう、「#リモート雑談チャンネル」というチャンネルを作り、気分転換の雑談ができるように。昼休憩のタイミングが合えばオンラインで話しながらランチをしたり、終業後は飲み会をしたりしています。

画像1

まだまだリモート初心者の会社なので、日々地道に色々なことを試し、よりスムーズに仕事ができる方法&事業スピードを上げる方法を模索中です。

4, 困った点を解決するために行っていること:個人編

【コミュニケーション系】
・休憩時間等のメリハリと、チームスラックでの報告徹底
・チーム内でハングアウトを繋ぎっぱなしにしています。

【環境整備系】
・自分のデスクを少し綺麗にして、不要なもの(遊び道具など)は別の場所に移動しました
・自宅のテレビをモニターとして活用
・オンラインMTGをスムーズに行えるように、マイク付きヘッドホンを買いました

【その他】
・朝、散歩に行って頭を切り替える
・時々ストレッチをしたり、背筋を伸ばしたりしています。
・ラジオを流していると集中力が長続きします。ニュースなど世間の情報も入って来るし、時間感覚も付くので意外とオススメかも。

弊社はオンライン会議ではGoogle Hangoutを使用しています。仕事中繋ぎっぱなしにしてお互いに気を引き締めあっているチームもあります。また、意識して身体を動かすようにしているメンバーも多いですね。

 

5, おまけ:みんなのリモートデスクを公開

1, プロダクトマネージャー 坂本さん
モニターやPCスタンドからカレンダーまでありとあらゆるものを自宅に持ち帰り、ほぼオフィスと同じ環境を再現しています。

iOS の画像 (148)

2, CSO 恩蔵さん
デスクには必要最低限のものしか置いていない一方で、目の前に大好きなゴルフ道具が並んでいます。集中力が削がれると思いきや、意外と集中できるらしいです。

iOS の画像 (147)

3, 広報チーム 松田
私のリモートデスクです。オフィスにあるものは大体持って帰ってきつつ、家にあった雑誌等で高さを調整しました。椅子がIKEAのソファーで高さが合わないので、オフィスチェアを購入したいところです。

iOS の画像 (14)

あとがき

という訳で、今回はMiddleFieldのリモート体験記をお届けしました。まだまだこれから様々な問題も起こってくると思いますが、MiddleFieldは環境に言い訳せず、まだまだ突き進んでいきます!

同じようにリモートで頑張っている皆さん、「私の会社はこんなことしてます!」というTipsがありましたらぜひ教えてください!

また、MiddleFieldでは現在採用を強化中です!

https://www.wantedly.com/companies/middlefield

オンライン面談も対応しておりますので、ご興味のある方はぜひお気軽にお問い合わせください!

このnoteや、採用に関するお問い合わせはこちらから↓
Twitter→@shoko_m26
Facebook→shoko.matsuda.18

それではまた次回のブログでお会いしましょうー!

CONTACT

  • お問い合わせ種別

  • お名前

  • メールアドレス

  • お問い合わせ内容