MiddleField

menu
松田 昇子

松田 昇子

MEMBERS BLOG

初心者による広報立ち上げ実践記~立ち上げからの半年間でやったこと~

こんにちは!日本の自動車アフター産業をテクノロジーで活性化するスタートアップ、MiddleFieldで広報をやっています松田です。

昨年の9月、弊社に「広報チーム」が立ち上がり、早半年が立ちました。

0からのスタートであった広報チームですが、メディアの皆さんや広報の諸先輩方、そして社内メンバーの力もお借りし、先日25日にはあの「Forbes JAPAN」にご掲載いただくことができました!

「Forbes JAPAN」に掲載されました

私自身のスキルも結果もまだまだではありますが、ここで一度この半年間を振り返り、「未経験スタートアップ1人広報」としてやってきたことをまとめます。

簡単な自己紹介と半年間の実績

松田 昇子(@shoko_m26)
社会人3年目の25歳。
MiddleFieldには2019年4月に入社しました。
最初はECサイト「モタガレ」のCSを担当していましたが、2019年9月より広報に。広報は全くの未経験です。

半年間の実績
・プレスリリース配信本数:4本
・自社ブログ記事数:31本(平均週1本ペース)
・メディア露出回数:14回(9~11月:2回 → 12月~2月:12回)
・新たに獲得した名刺:約150枚

9月:自社ECサイトのカスタマーサクセス(CS)と兼任で広報スタート

9月、COOからのご指名があり、当時所属していたCSチームの業務と兼任で広報活動をスタートさせました。

とはいえ、当時CSチームとして私が担当していた業務は下記の通り。

・ECサイト「モタガレ」に届くお問い合わせ&ご注文対応
・週1で会員向けメールマガジン配信
・週3でLINE@(今は亡き)によるメッセージ配信と一緒に送るバナーのディレクション
・月次/週次MTGのための数値集計と資料作成

そんなわけで、ほとんど広報に時間は割けませんでした…

そして、何から手を付けていいかも分からなかったので、中小企業やスタートアップ専門のPR会社「ベンチャー広報」の社長である野澤 直人さんの著書「【小さな会社】逆襲の広報PR術」を読み、空き時間を無理やり作ってとりあえず本に書いてある通りに色々やってみました。

【やったこと】
・広報の本を5冊読む
・国立国会図書館に行き、自動車についての記事を探して記者さんの名前を調べる→メディアリスト作成→電話でアポを取る
・会社ブログを更新し始める
・会社概要資料を作る

【結果】
・メディアさんのアポを2件獲得
・弊社初(?)の会社概要資料ができる

10月:色々なつてを頼って人に会いまくる

9月は兼任業務でいっぱいいっぱいの1ヶ月でしたが、9月後半にCSチームにメンバーが1名ジョインしてくれたことにより、10月は若干手が空きました。

1ヶ月経って分かったことは、「広報、何をしていいか分からない!」ということと「困ったときに相談できる仲間が欲しい!」ということでした。

そこで、経営陣の皆さんの人脈や、PeatixやCompass等でオープンに参加者を募集しているセミナー・イベント等にお邪魔し、他社広報さんにお話を聞きまくりました!

他社広報さんと話す中で、自分はアウトプットが苦手だということが分かったので、経営陣に時間を取ってもらい、会社の歴史や事業について話を聞かせてもらう→それを録音する→メンバーや社員に話す練習をしていました。

【やったこと】
・引き続きメディアリストへアタック&はじめてのメディアアポ
・他社広報さんと会いまくる
・会社について自分の言葉で語る練習

【結果】
・広報仲間ができる
・メディアリストへのアタックの中からはじめて取材が決まる!

11月:プレスリリースを書いて配信してみる

11月、初めて専門紙の取材が決まり、同月中にご掲載いただくことができました。ピンポイントで弊社の事業領域にマッチするメディアさん&記者さんだったこともあり、スムーズに掲載まで繋がりました。

そして、11月23日~24日の2日間、弊社が運営に携わるイベントの開催が決まった為、プレスリリースを書きました。

書いたリリースを、メディアのFAX番号やプレスリリース窓口にひたすら送ってみたのですが、当然反応はありませんでした…

ただプレスリリースを書いて送るだけでは、掲載にはつながらないということ、そして、掲載されるためには戦略的なアプローチが必要ということを実感した1ヶ月でした。

そんな時に出会ったのがこちらのnoteです。

スタートアップに広報PRが集まらない構造と解決策 / Ryoko Wanibuchi

という訳で、またまた経営陣の人脈を頼り、私に伴走してくれるコンサルタントを探しました。結果、PRに関しての知識が豊富、かつ会社のことを一緒に考えてくださる方に出会うことができました!

【やったこと】
・取材&掲載対応
・プレスリリース作成&配信
・広報PRのコンサルタント探し

【結果】
・初めて取材記事が世に出る
・とっても頼りになる先生に出会う

12月:広報専任になる&PR戦略がやっと決まる

12月、MiddleFieldにとっては5期目のスタートです。このタイミングで、私は完全にCSから離れて広報専任になりました。

早速コンサルタントの方と一緒に戦略を設計。PRメッセージの設計やターゲット設定、施策作りを行いました。

今まで戦略も何もなく、行き当たりばったりでやっていた広報活動が、ようやく整理された感じがしました。

また、四半期の目標設定(※弊社ではOKRを導入しています)を行いました。

あとは、ブログがネタ切れになってきてしまったため3か月分のブログネタを一気に決めました(笑)

【やったこと】
・PR戦略の設計&目標設定
・ブログのネタ探しと計画作成

【結果】
・戦略設計の過程で社内情報が整理される&私の頭がクリアに

1月:はじめてプレスリリースから掲載に繋がる

1月、2本目のプレスリリースを配信することに。

ファイナンシャルアライアンス株式会社と業務提携し、保険事業に新規参入いたします

この時は、初回配信時の反省を生かし、メディアへの情報の出し方を変えました。

①リリース内容に興味を持ってくれそうな媒体&記者をピックアップ
②記者さんに情報を先出しし、アポをいただく
③リリースのドラフトを持ってアポに行き、詳しく説明
④取材

という流れで、いくつか掲載を獲得することができました!

初めて記者クラブ(※自動車産業記者会)に行ってみましたが、記者さんは誰もいらっしゃらず特に収穫はなしでした(笑)

1月後半は、会社のストーリーを伝える社長インタビューの獲得に向け、下記の作業をひたすら行っていました。

①企画書を作る
②媒体研究&記者さんの名前探し
③メディアごとの切り口を考える
④電話でアポ獲得

まだ実際の掲載には繋がっていませんが、9月のひたすら電話をかけまくっていた時と比較するとアポの獲得率はUPしました!

【やったこと】
・プレスリリース作成&配信
・企画書作成
・媒体研究とアポ取り

【結果】
・専門紙やYahoo!ニュースに掲載
・ビジネス誌の記者さんのアポ獲得

2月:戦略と企画書とリリースに追われる

2つのサービスに関して、戦略立てと企画書&リリース作成を行いました。

やり方としてはこんな感じです↓

①ローンチ日を決める
今回の場合、2/18(火)に絶対出す!と決めました。COOに動かしてもらいました。ありがとうございました。

②サービスについて整理整頓しつつPRの方向性を決める
業界の現状は?業界の課題は?その課題はこのサービスによってどう解決できるのか?何ができるサービスなのか?他サービスと比べてどんな強みや独自性があるか?このサービスができることで業界はどう変わる?etc...
ポイントは自社目線ではなくパブリック目線で考えること…なんですがそれがなかなか難しいです。

③リリースと企画書を作る
方向性が決まってしまえば、あとはそれをビジュアルに起こしていく作業です。私はリリースはA4×2~3枚、企画書はA4×4~5枚になることが多いです。短くまとめられる方すごいです。

1本は無事配信でき、専門紙やクルマ専門のWEBメディアに取り上げていただくことができました!

【プレスリリース】新サービス 「クルマの保険」提供開始!自動車保険の”分からない”も”不安”もコンシェルジュが解消! IT企業の視点からユーザーに最適な自動車保険を提案いたします

【やったこと】
・2サービスのPR戦略作り&リリース作成

【結果】
・5媒体に掲載!

おわりに

広報立ち上げからの半年間を振り返ってみましたが、こうして振り返ってみると、会社の魅力が分からなくなったり、とにかくメディアに載せなきゃという強迫観念に捕らわれたりと、色々と迷走した時期もありましたし、こうしておけば良かったという後悔もたくさんあります。

しかし、記者さんや社外の素敵な広報さん、そして社内メンバーに助けられ、なんとかここまでやってこられました。

広報の目的は「メディア掲載」ではなく、会社やサービスの魅力を知ってもらうこと、そして最終的には「MiddleFieldって、モタガレってすごい!」と思ってもらうことだと私は考えています。

これからも、MiddleFieldと自動車アフターマーケット、そしてクルマの魅力を広報の力で発信し続けていきます!

普段は「Take」してばかりの私なので、この投稿へのご質問やなご相談など、私で何か「Give」できそうなことがありましたら、ぜひお気軽にご連絡ください!

それでは、また次回のブログでお会いしましょう!!

CONTACT

  • お問い合わせ種別

  • お名前

  • メールアドレス

  • お問い合わせ内容